栄養科

ご紹介

当院の栄養科では、病院管理栄養士1名と給食委託会社で患者様の栄養・給食管理を行っています。
NST(栄養サポートチーム)をはじめ、緩和ケアやERASなどチーム医療の一員として患者様一人ひとりの状態に合った栄養サポートの実施、また入院中の食事では見た目や味、季節感を大切にした献立の作成、患者様の嚥下状態に合わせた食形態や食事姿勢を提案し『最期まで口から食べられる』を支援する食事サポートを実施しています。

チーム医療

当院の管理栄養士は、栄養管理の一環としてNSTをはじめとしたチーム医療に参加しています。
NSTでは、嚥下障害があっても安全に経口摂取ができる完全側臥位法を取り入れるなど、『最期まで口から食べられる』を支援しています。

入院中の食事

飛騨市民病院では患者様の病気に合わせた病院食を提供しています。食事は治療の一環であり、食べながら治療職の勉強をしていただけたらと考えています。
そのため、食事についてくる食札は、自宅でも病院のような食事を続けていただけるよう、献立とメニューを切り離せるようになっており、メモして持ち帰っていただくことも可能です。
また、食事が入院中の患者様の楽しみの一つになれるよう、季節感を取り入れた献立の提供や、毎月第2水曜日をデザートの日として季節に合わせたデザートを提供しています。

食事の種類

病気によって食事に制限があるため、患者様一人ひとりに合わせた食事を提供します。

食事名 病名 制限
心臓食 心臓病 塩分制限
脂質異常症食 脂質異常症/高度肥満 エネルギーコントロール
糖尿病食 糖尿病 エネルギー制限等
腎臓食 腎臓病 タンパク質・カリウム・塩分制限
透析食 透析治療を受けている方 カリウム・塩分制限
胆石・膵炎食 胆石症/膵炎 等 脂質制限
潰瘍食 消化管潰瘍 低刺激
胃切食 胃切術語 少量頻回食

食形態

嚥下学会分類2013をもとに4段階の食形態で対応しています。

学会分類 名称 写真
0t とろみ茶等
0j 既製品
1j 既製品
2-1 ミキサー粥
2-2 ペースト食
3 ソフト食
4 軟菜食/五部菜食
4以上 常食

行動食

現在作成中・・・

個別対応

食欲不振、緩和ケアの方を対象に病院食の可能な範囲内での個別対応を実施しています。看護師、管理栄養士が嗜好の聞き取りを行いますので、気軽にお声掛けください。

例)・さっぱりしたものなら食べられる ⇒ 果物や梅干し、またはそうめんやうどんなどを提供します。
  ・あまり量が食べられない(量が多いと見ただけで気分が悪くなる) ⇒ 主食は10グラム単位で変更が可能です。副食も半量や品数の変更が対応可能です。
  ・甘いものが食べたい ⇒ アイスやゼリー、プリンなどもあります。

栄養相談

糖尿病、腎臓病、透析、心臓病、高度肥満、嚥下障害、低栄養等の患者様を対象に栄養指導を実施しています。
平日9時からと15時からの2枠で受け付けております。そのほかの時間でも、随時相談を受け付けております。
希望される方は外来主治医にご相談ください。予約状況次第では当日の受け付けも可能な場合があります。

実習生の受け入れ

当院では、管理栄養士養成校からの臨地実習生の受け入れを行っております。ご希望の場合は、当院管理課までご連絡ください。

受け入れ実績

2012年8月20日~8月31日 2週間 1名
2019年8月26日~9月13日 3週間 1名
2020年8月31日~9月18日 3週間 1名
2021年8月23日~9月10日 3週間 1名

問い合わせ先

連絡先:0578-82-1150(代表)

担当者:病院管理室 管理課 研修担当