研修医の皆様へ

研修におこしになる皆様へ

飛騨市民病院は飛騨市だけではなく、高山市上宝地区・奥飛騨温泉郷のいわゆる『高原郷』と呼ばれる広い地域の医療を担っています。

当院の職員は、職種の壁を越えたチーム医療で、栄養サポートや緩和ケアなど幅広い分野に渡って地域の中核病院として医療サービスを提供しています。

そんな環境の中で、主治医としての主体性、全人的医療など患者様の人生に寄り添った医療を学ぶことができます。

 

当院では研修環境の充実にも力を入れています。院内には研修医や学生のための学習室があり、個人デスク・PC・本棚・医学書などの教材が備えてあります。また、研修医・学生専用の宿舎には冷蔵庫・洗濯機・テレビ・パソコンなどの各種家電があり、快適な環境で生活・学習ができるようバックアップしています。



研修に来る前に

研修初日集合時間:午前10時
集合場所:飛騨市民病院(正面入口左手の会計窓口にお声掛けください)
持ち物:名札、診療衣、聴診器、認印

※病院の目の前にスーパー・ドラッグストアがありますので、生活に必要なものはそちらでお求めください。

※研修医専用宿舎には各種家電・調理器具・寝具を完備しております。

※医学生の研修の方の持ち物は、名札・白衣・聴診器(持っていれば)です。集合時間は10時です。

初期研修プログラムについて

 

飛騨市民病院の初期研修プログラムについてはコチラをご確認ください。

 

お問い合わせについて

連絡先:0578-82-1150(代表)
担当者:病院管理室 管理課 研修担当

ご不明点や不安な点・時間や宿舎についての相談がありましたら、上記連絡先に遠慮なくご連絡ください。