岐阜AHAトレーニングサイト主催 飛騨BLSコース

 

 平成19年7月29日(日)午前8時から、市民病院において、北飛騨地区では初めての開催となる、岐阜AHAトレーニングサイト(米国心臓協会心肺蘇生法公式教育サィト)が主催する「助かる命は助けたい!BLSコース」(米国心臓協会認定医療者向けの「世界標準」の一次心肺蘇生法講習会)が開催されました。
 当日は岐阜県内各所の、医師、看護師、各種コメディカル、救急救命士ら18人が参集し、市民病院からも黒木病院長・沢崎副病院長他4名が参加して、米国心臓協会公認の一次心肺蘇生法(成人・小児・乳児)や、AEDの使用法、異物による窒息などの生命危機対処法を、ビデオを見ながら専門のインストラクターから指導を受けました。
また、今回の研修会では、実技試験と筆記試験が行われ、当院から参加した6名を含め、受講者全員が合格し、認定証の交付を受けることになりました。
 参加者の一人でもある黒木病院長は、このような有意義な研修が飛騨管内でも定期的に開催され、一人でも多くの医療関係者に受講してほしいと、さらに、他の市民病院からの研修参加者は、今後の救急医療への対処方法について自信を深めることができ、参加してよかったとそれぞれの感想を述べていました。


 

■岐阜トレーニングサイト

 

■ビデオを見ながら講習

 

■成人の心肺蘇生

 

■小児の心肺蘇生

 

■乳児の心肺蘇生

飛騨市民病院 院内AED講習会

 

■飛騨市消防本部より講師に来ていただきました

 

■心肺蘇生

 

■AEDを使用した心肺蘇生

▲ページの先頭に戻る
国民健康保険 飛騨市民病院 〒506-1111 岐阜県飛騨市神岡町東町725番地 TEL0578-82-1150 FAX0578-82-1631