第6回 飛騨市民病院 病院祭

 
【日時】

平成28年11月12日(土) 9:00〜14:30


【会場】
神岡町公民館(飛騨市神岡町東町378)

※入場無料


【テーマ】
『みんなで「まめ」に暮らそう
    最期まで住み慣れたまちで』


抽選で計6名に当院で利用できる
「脳ドック無料券」をプレゼント!
※抽選は開会時と午後に2回、計3回あります
   

【第1部】ホール(9:30〜12:30)    
     
●病院長あいさつ、病院状況の説明    
     
●ためになるプチ学会     
○「転ばぬ先の転倒予防
     〜疲れにくい足づくり」
飛騨市民病院 理学療法士 巣之内 大輔
○「脳ドックについて」 飛騨市民病院 放射線科長 小金 賢一
○「健診結果は自己管理が大切です」 飛騨市民病院 主任臨床検査技師 中桐 あさ子
○「おくすり手帳について」 飛騨市民病院 薬局長 畑尻 哲也
○「腰痛体操」 飛騨市民病院 医師 田口 恭平 
○「痔の新しい治療方法について」 飛騨市民病院 医師 林 賢弘 
○「胆石手術について」 飛騨市民病院 外科医長 棚橋 俊介 
○「あなたにもできる安心・安全な
      食事介助『完全側臥位法』」
飛騨市民病院 内科部長 工藤 浩 
○「介護保険の現状と今後について」 飛騨市 介護保険係長  都竹 信也 
○「血圧について」 飛騨市 古川保険センター保健師  後藤 裕美 
     
●神岡少年少女合唱団の合唱    
     
     
【第2部】ホール(13:00〜14:30)
特別講演
「ここがいちばんスキ!〜地域で生き、死んでいくこと〜」
講師 宗教法人神宮寺 住職 高橋卓志氏
 
   
【主催】飛騨市民病院
【共催】神通川プロジェクト  
【協力】飛騨市民病院を守る会  
【問い合わせ】飛騨市民病院 TEL.0578-82-1150  
   

▲ページの先頭に戻る
国民健康保険 飛騨市民病院 〒506-1111 岐阜県飛騨市神岡町東町725番地 TEL0578-82-1150 FAX0578-82-1631